ユメタン

【ユメタン】高校英語を攻略する使い方

  • 2019年5月13日
  • 2019年7月5日
  • 英語

【ユメタン】高校英語を攻略する使い方

この記事は高校生の人やこれから英語学習を頑張ろうと考えている方に向けたユメタンシリーズを紹介していきます。

私は高校時代にユメタン0、1、2、3を自分の英語力を上げるために使いました。(学校が指定していた教材でした)

私はユメタンを使ったことで英語力が爆上がりしました。

「ユメタン」シリーズを3年間やってきた私がユメタンの使い方、良いところを紹介していきます。

英語のアイコン
sponsored link

ユメタンの特徴

「ユメタン」は0、1、2、3という風にシリーズがあり、自分のレベルに必要な1000単語を覚えることが出来る単語帳です。

・すべてのレベルにCDがついている

何よりもCDがついているというのが単語の暗記をサポートしてくれています。

単語を覚えるためにはやはりCDを使うのは必須となってきます。

ユメタンはCDの改善を行っており、CDの音声にこだわっています。

最近では音声の日本語と英語を読まれるまでの時間が短くなりました。

・テーマ別に単語がまとまっている

ユメタンはわかりやすく覚えられるようにテーマ別の関連のある単語が1UNITにまとまっています。

たとえば「政治についての単語」や「健康と医療に関する単語」などのテーマがありそのテーマに関連した単語が各UNITに100単語でまとまっています。

自分が必要としている単語をテーマから考えて優先的に勉強することが出来ます。

・1週間で100単語覚えられるような構造になっている

先ほども言った通りユメタンにはUNITが10個に分かれていて各UNITに100単語収録されています。

1つのUNIT(100単語)を1週間で覚えるのが基本となっています。

ユメタンにはおすすめの1週間で行う勉強方法までのっています。

それに沿って勉強をすれば1週間で必ず100単語を覚えることが出来ます。

ユメタンのレベル

ここからはレベル別の特徴を紹介していきます。

ユメタン0(黄色)

CD付 夢をかなえる英単語 新ユメタン0 中学修了〜高校基礎レベル (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

ユメタン0は中学英語から高1までのレベルで必要な単語が収録されています。

このレベルは土台となってくるので単語を見た瞬間に意味が浮かぶくらい覚えてもいいレベルです。

すでに英語を勉強している人たちはおそらく知っている単語が多いと思います。

しかし必ずおさえておきたい単語ばかりなのでユメタン0を使って勉強をしてみてもいいと思います。

ユメタン1(赤色)

CD付 夢をかなえる英単語 新ユメタン1 大学合格必須レベル (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

ユメタン1には大学入試・センターレベルの単語が収録されています。

とりあえずこのレベルの単語を覚えておけば高校のレベルの英語は出来るようになります。

高校での授業や英語の記事の長文を読んでいてもよく見る単語がユメタン1では覚えることが出来ます。

私はこの単語帳を1番使いました(30周くらい)。見たら意味がすぐに浮かぶレベルになったので高校生の時は高校英語を無双できました(笑)

ユメタン2(青色)

CD付 夢をかなえる英単語 新ユメタン2 難関大学合格必須レベル (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

難関大学レベルの単語が収録されています。

ここからはレベルが上がっていきます。難しい単語もこのレベルからは出てきます。

ただ、大学受験を考えている方は覚えておきたい単語です。

大学受験の時は覚えていってもいいと思います。

ユメタン3(緑色)

CD付 夢をかなえる英単語 新ユメタン3 スーパーハイレベル (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

最難関大学レベルの単語が収録されています。

このレベルは難しいです。ただこのレベルの単語を覚えられる単語帳の中では覚えやすいと思います。

ユメタンの使い方

ユメタンは1週間で1つのUNITを覚えるのが基本です。(その方法を使っていれば確実に覚えられます)

ただ1週間は長いと感じてしまう方もいると思います。

ここからは私が試行錯誤した1週間以内に100単語覚えられるようにする方法を紹介します。

ここではそれを紹介したいと思います。6日に分かれていますがその前にほとんど覚えることが出来ます。

1日目

100単語すべてのの意味を確認し、わからない単語をチェックする。

CDを使って発音を確認する。わからない単語はとりあえず発音だけを確認しておいてください。

音声の後に発音をして確認する。意味ばかりに意識を向けないように注意する。

2日目

もう一度すべての発音と意味を確認する(音声を聞く)

昨日わからなかった単語の意味を覚えていく。音声を聞いて声を出して発音してください。

ここで発音をするのと一緒に書いてみると明日が楽になる。

3日目

音声を聞いた後に発音をしてみる。そしてわからない単語を声に出しながら書いていく。

とにかく音声を聞いて発音するというのを繰り返す。

4日目

音声は日本語→英語の順番で流れるので、音声の英語が流れるよりも早く自分で発音できるようにしていく。

クイックレスポンスをすることで単語を理解するスピードが変わってきます。

5日目

音声を聞いてクイックレスポンス出来るように練習します。

どうしてもわからない単語があったら発音しながら書いてみましょう。

6日以降

ここからは音声を聞いてクイックレスポンスの練習→わからない単語を発音しながら書くという作業を繰り返します。

これを繰り返していれば覚えることが出来ます。

単語を覚えるために

単語を覚えるためには何度も繰り返すことが必要です。

今回の方法は音声を何度も聞いたり、何度も発音しているので1度これをしてしまうとなかなか忘れません。

ただ、この1週間で完全に覚えたように感じてしまうのですが、しばらく復習をしないと忘れてしまいます。

定期的に音声を聞いて発音すればすぐに思い出すことが出来て、単語マスターに近づくのでがんがってください。

単語の覚え方はこちらでも詳しく紹介しています。

私が3年間ユメタンを使った感想

sponsored link

まとめ

「ユメタン」は音声CDがついているので必ず活用するようにしてください。結局は何度も聞いて繰り返すのが単語を覚えるための近道です。ただ、ユメタンのCDはとても工夫されているので覚えやすさが違います。ユメタンを使って夢をかなえましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます。

sponsored link
ユメタン
最新情報をチェックしよう!