【英会話の独学】効率の良い英語の勉強方法

【英会話独学】効率の良い勉強方法

早く英語を話せるようになりたい」「お金を使わずに英語を話せるようになりたい」「英語を話せるようになって海外旅行に行きたい」と思って英会話を独学で勉強しようと思う方は多いと思います。

独学で勉強するとお金をあまり使わずに英語で会話をできるようになります。

しかし、独学をするには自分で勉強方法を考える必要があるので、勉強方法をしっかりと考える必要があります

そこで今回は「お金を掛けずに独学で効率よく勉強する方法」を紹介していきます。

sponsored link

英語を話せるようになるまでのプロセス

まずはじめに英語を話せるようになるまでのステップを紹介していきます。

英語が話せるようになるまでに必要なプロセスは3つあります。

  1. パッと単語が出てくる
  2. 英文をすぐに作ることができる
  3. リスニングができるようになる

英会話をできるようになるには当たり前ですが「話す」「聞く」ということができるようになることが必要です。

プロセス1:パッと単語が出てくる

単語を「使える状態」になるまでに、まずは単語を「知っている」という状態にする必要があります。そして「知っている」状態から「単語がパッと頭に浮かんでくる」状態にする必要があります

単語に対する理解度の状態の順番は

  1. 単語を「知っている
  2. モノを見たときに「パッと単語が浮かんでくる
  3. 単語を「使うことができる

3つ目の状態になれば英語で会話をしているときに使える単語となります。

このプロセスは常に続けることが必要です。知っている単語や使える単語が増えれば難しい会話の内容でも問題なく話せるようになり、知れば知るほど会話は楽になっていきます。

英会話に必要な単語のレベルは?

普段の会話に使う単語は中学レベルの単語でも問題なく話せるようになります。いきなり難しい単語を頑張って覚える必要はありません。

オススメ単語帳

ユメタンシリーズ

私はこと単語帳を全て覚えたことで、日常会話での英単語はほとんどわかるようになりました。おすすめの使い方も載せておくのでもし使ってみようと思った場合は参考にしてください。

core 1900

core1900は私の英語力を全体的に向上させてくれるような単語帳でした。もちろん重要な単語を覚えることもできますし、さらにリーディングリスニングの向上にも使うことができました。こちらもおすすめ勉強方法を載せておきます。

プロセス2:英文をすぐに作ることができる

単語をある程度覚えてきたら「自分で英文を作る」というプロセスに入っていきましょう。しかし、英文を作るには「英文法」を勉強する必要があります

「いきなり英文法かよ!」と思った人もいると思いますが、やはり基礎的な文法は勉強する必要があります。英文法を全く勉強しないで英文を作るのは、ルールを知らないスポーツの試合に挑むような感じです。要するに英文法は英語のルールなんです。

文法を使えるようになると英文を作るスピードも上がり、独学の効率を大幅にあげることができます

何度も自分で英文を作ることで徐々に英文を作るスピードが上がり、最終的にはパッと英文を作れるようになります

英会話で必要な文法のレベルは?

英会話で必要な文法のレベルは中学レベルで全く問題ありません。わざわざ難しい英文法書を勉強する必要はないので、文法は短時間で習得することができます。

プロセス3:リスニングができるようになる

英会話をできるようになるためにはやはり「リスニング」をできるようになることが必要です。リスニングは上達するまでとても時間が必要なので根気よく勉強する必要があります

英語を聞き取れるようになるために心がけること

  • 毎日英語を聞くようにすること
  • 聞き流しではなく、じっくりと英語を聞く時間を作る
  • 楽しめる勉強方法を探す

ここでのポイントは「じっくりと聞く時間を作ること」です。よく「聞き流すだけでリスニングができるようになる」という情報がありますが、しっかりと聞く時間を作ることが絶対に必要です

sponsored link

効率よく独学で英会話を勉強する方法

ここからは「効率よく独学で英会話を勉強する方法」を紹介していきます。

まずは効率よく勉強を進めるためのステップを紹介します。

英会話独学を効率よく進めるためのステップ

英会話の勉強を効率よくしたい」と思う人はおおいと思います。英会話の独学を効率よく勉強するためには3つのステップがあると考えています。

  1. 現在の自分の英語のレベルを確認する
  2. 結果から何が自分に必要か考える
  3. インプットの後にアウトプットの量を増やす

この3ステップをクリアしていけば効率よく勉強することができます。

ステップ1:自分の英語レベルの確認

英語学習をするときは自分のレベルを確認しておくことで勉強の効率をあげることができます。確認することとしては

  • 自分のレベル
  • 何が足りないか

自分のレベルの確認の仕方がわからない方は英語測定テストというサイトを利用してみてください。

英語力測定テストというNHKのサイトがありそれを使えば自分の英語力を確認することができます。もしよかったら使ってみてください。

ステップ2:自分に何が必要か考えインプットに活かす

自分の英語のレベルを確認した後は「自分に何が必要なのか」を考えましょう。「文法がわからない」「知っている単語が少ない」「リスニングが苦手」など自分のレベルを考えてみましょう

自分の苦手なことがわかったら自分の必要なことに応じて勉強していきます。

自分の英語力を確認しておくことで、「何を勉強するべきか」がわかるので英語学習の効率をあげることができます。

自分の弱点を潰していくことで英語力はどんどん上がっていきます

ステップ3:アウトプットの量を増やして練習する

勉強を続けていればインプットの量は十分になっていきます。ある程度インプットができたらアウトプットの量を増やしていきます。

アウトプットとは具体的に

  • 自分で実際に使えそうな英文を作ってみて、使ってみる。
  • 英語で独り言
  • オンライン英会話

などでアウトプットをすることができます。英会話をできるようになるためにはとにかく英語を「使うこと」が大切です。

勉強をしてインプットをすることも大切ですが、それ以上にアウトプットが必要です

効率の良い勉強方法

独学で勉強したいけどどう勉強すればいいかわからない」と思う独学を始めようとした人には多いと思います。

そこでここからは詳しい勉強方法を紹介していきます。詳しいステップはとてもシンプルで3ステップしかありません。

  1. 基礎文法を勉強する
  2. 自分の知識を使えるようにする
  3. リスニングの強化をする

一つずつ丁寧に階段を登っていけば必ず英語は話せるようになります。

ステップ1:基本文法の勉強

英語学習者の中でよく「文法は必要か必要ないのか」というのが議論になりますが、私は文法の勉強は絶対に必要なことだと思っています。

ただ、文法が必要と言っても難しい文法用語や用法を覚える必要はないと思っていて、中学生レベルの文法がわかっていれば十分英会話はできるようになります

文法の勉強は英語学習を効率的に進めるためには絶対に必要なので必ず勉強しましょう。

おすすめ勉強方法やおすすめ文法書は別々で紹介しています。

こちらを確認ください。

ステップ2:自分の知識を「使える」ようになる

文法の勉強がある程度進んできたら「知識の状態」から「使える状態」になるように勉強を進めていきます。知識を使えるようになることが英語勉強の本質です

ここからは「自分で英語を使う」ということを意識していきましょう。

  • 自分で英文を作ってみる。
  • 実際に英語を使って会話をしてみる。
  • 趣味を英語で学んでみる

など自分にあった方法で英語を使ってみましょう。進めているうちに自分に必要なこともわかってきます。

その必要なことを1つ1つ鍛えていくことで英語は話せるようになっています。

ステップ3:リスニングの強化をする

英会話をする上で必要なことは「話すこと」ともう1つ「聞き取ること」です。リスニングの強化はとても時間のかかるものですが、リスニングは毎日英語をしっかりと聞いて続けていれば絶対にできるようになります

ここでのおすすめ勉強方法は

  • 英語でポッドキャストを聞く
  • 海外のYouTubeチャンネルを見る

隙間時間でもいいので英語を毎日欠かさずに聞きましょう。

sponsored link
最新情報をチェックしよう!