Readingのアイコン

リーディングが苦手な人が知っておくべきコツと勉強法

Readingのアイコン

長文がうまく読めない…早く読めない…など英語の長文問題で苦手意識を持っている方は多いです。そこで、この記事では長文問題の悩みを解決していきます。また、勉強法についても紹介していくので長文が得意となるように実践してみましょう。

リーディングが苦手な理由

頭の中を整理できていない

英語の長文はたくさんの情報が英語で書いてあります。なので、日本語で読んでいるときよりもこまめに情報を整理していかないといけません。

整理していかないと、うまく理解することはできません。また、整理できていないと問題を見たときにどこに何が書いてあったかがわからないので再読をしないといけなくなったりしてしまいます。

わからないところがあると精神的に急いでしまったりして、 集中できなくなってしまいます。落ち着いて解けるように整理をしましょう。

知っている単語が少ない

これは単純に英文の中に知らない単語がたくさんあるときは読みにくいですよね?この場合はその英文のレベルが高かったり、自分の知識不足だったりします。

英単語は毎日コツコツと少しづつ増やしていくしかありません。これは本当に自分の努力次第です。

ただ、単純に単語帳をみて勉強しろというわけではありません。単語帳を使わなくても実際の英文を使って単語力を鍛えることも出来ます。

英熟語と連語表現の知識不足

英語には単語を知っていても意味がわからないことがあります。それは、動詞の後に特定の単語がついた連語だったりします。そうなることで意味が全然違ったりすることがあります。

たとえば、bringです。 bring は 持ってくる、連れてくる などの意味がありますが、bring upとなると育てるという違う意味になったりします。

英文法の知識不足

やはり文法がわからないと英文を正確に理解することは難しいです。逆に言えば、文法がしっかりしていると英文を正確に理解することができます。

文法に関しては別記事で詳しく書いています。そちらをどうぞ。

sponsored link

リーディングの勉強法

精読

精読というのは難しい文を時間をかけてしっかりと読んでいく方法です。英文の1文1文の構造を考えて、丁寧に読んでいきます。早く正確に読むためにはまずは正確に読む練習が必要です。

時間はかかりますが必ず必要な練習となっているので実践しましょう。

多読

多読はそのままでたくさんの英文を読んでいろいろな表現に触れていくことです。これは、精読とは違いかなり実践的な練習です。

精読をある程度して、正確に読めるようになってからやることをおすすめします。正確に読めないのにたくさんの英文に触れても英語にはなれるかもしれませんが、意味が分からないままになってしまいます。

音読

音読は万能な役割を持っています。音読をするだけで英語のリズムがわかり英文を早く読めるようになります。また、リスニングや発音の練習にもなるので、音読はとても良い練習となります。

音読を効率的にスラスラとできるようにするには、多少の慣れはありますが単語を覚える時に音も一緒に覚えましょう。そのほうが覚えやすいので単語を覚える時CDを使って覚えましょう。

リーディングをするときのコツ

代名詞に注目

リーディングをしているときは、代名詞は何を指しているのかを考えましょう。これは、整理の工程で行うものです。

これをするだけで英文はとても読みやすくなります。

「代名詞は何をさしているのか?」という問題が出てくることもあるのでその練習になります。

接続詞に注目

接続詞に注目するというのはとても有名ですよね。とくに、ButやHoweverなど逆説を表す接続詞が出てきたらチェックしましょう。

接続詞を見ることでこれからどのような内容が書かれているのかを予想することができます。

筆者の意見などもよくわかります。

問題を見てキーワードを設定する

英語の長文には必ず、キーワードがあります。キーワードについては問題でよく問われるので先に問題をみてキーワードを見つけてしまういうことです。

これは問題を解く時間を短縮するときによく使われます。早く解く必要がなくてもキーワードを先に知っておくことは楽に英文が読めるようになります。

イメージをする

これは、会話形式の時はとても役に立つ方法です。イメージすることで頭の中に残りやすいし、理解するのも容易になります。

慣れるまでは難しいかもしれないので少しづつ練習していきましょう。

知らない単語でも落ち着いて処理する

知らない単語はどの長文を読んでいても何単語かはあると思います。そこでわからないからといて焦ってしまうと問題に集中できなくなってしまいます。

わからない単語が出てきても前後の文脈から推測できることがほとんどです。

全く推測も出来ない単語が出てくることはそんなに多くありません。

sponsored link

最後に

リーディングはとにかく整理して読んでいくことが大切です。私のおすすめ勉強法は精読と音読をやって英文になれた後に多読によっていろいろな表現を勉強することです。とにかく実際に英文に触れていきましょう。そうすれば必ず、英文は読めるようになります。

最後までご覧いただきありがとうございました

sponsored link
Readingのアイコン
最新情報をチェックしよう!