動詞の変化

【3人称単数現在形】動詞の形の変化

  • 2019年5月24日
  • 2019年5月24日
  • 英語

動詞の形の変化

英単語の動詞は文法によって形が変わってきます。

しっかりと動詞の変化の仕方を理解していきましょう。

3人称単数現在形の変化

そもそも3人称とは・・・

3人称とは「I」と「you」以外の物のことを言います。

3人称単数現在形とは・・・

3人称単数現在形とは読んで字のごとく主語が3人称で単数でありその文が現在形で表されているときの動詞の形です。

この条件に当てはまっているほとんどの単語の場合、動詞の原形の最後にsが付きます

like → likes

want → wants

ただ原型にsがつくだけの単語もありますが、スペルによっては少し違う変化を起こします。

スペルの最後がs、x、z、sh、chの時の変化

この場合はただsがつくのではなくesが付きます。

teach → teaches

wash → washes

(子音+O)で終わっている単語の変化

子音+Oで終わっている単語はsがつくのではなくesが付きます。

do → does

go → goes

(子音+y)で終わっている単語の変化

子音+yになっている場合はsではなくてyを消してiesが付きます。

study → studies

carry → carries

過去形時の動詞の変化

過去形

規則動詞

規則動詞の過去形はすごく単純で動詞の原形にedをつければ完成です。

edをつければいい動詞のことを規則動詞と言います。

want → wanted

like → liked

規則動詞は原型の形を覚えておけばほとんど苦労はしないと思います。

ただある条件の時は少し変化の仕方が変わってきます。

-Cで終わるとき

Cで終わるときはkedが付きます。

picnic → picnicked

(子音+y)で終わるとき

この場合はyが消えてiedが最後につきます。

study → studied

carry → carried

不規則動詞

動詞には過去形になるとedがつくのではなく動詞の原形とは形が変わってきます

そのような動詞を不規則動詞と言います。

go → went

bring → brought

think → thought

不規則動詞は覚えておくことが必要なのでこちらの不規則動詞の変化の仕方を参考にするといいでしょう。

haveは例外として覚える必要がある

haveは例外として覚えておく必要があります。

3人称単数形でも過去形でも普通とは違う変化を起こします。

<3人称単数形>

普通はsがつくのだがhaveに関しては

have → has

となる。

過去形

過去形の場合は

have → had

となるので注意が必要です。

現在分子、動名詞になる時の変化

動名詞の写真

ほとんどの現在分子や動名詞形になる時は原型+ingとなります。

read → reading

play → playing

これもまたある条件に当てはまると変化の仕方が変わってきます。

・(発音しない)-eの場合

単語の最後にeがついてなくても発音されていない場合はそのeを消してingをつけます

come → coming

have → having

・(発音する)-eの場合

発音するeの場合はeを消さないでingをつけます。

see → seeing

be → being

・-ieの場合

ieの部分がyingに変化します。

lie → lying

sponsored link
sponsored link

あわせて読みたい文法事項

現在形と過去形について

動名詞

これから更新します。

sponsored link
動詞の変化
最新情報をチェックしよう!