留学を成功させるための英語でのエッセイの書き方【導入文編】

留学を成功させるための英語でのエッセイの書き方【導入文編】

英語でエッセイを書きたいけどどう書けば良いんだろうと悩む人は多いのではないでしょうか?

この記事では

  • 英語で書くエッセイの導入文とは
  • 英語での導入文の書き方
  • 1文1文の役割を考える

という話をしていきたいと思います。

導入部をしっかりと書くことはエッセイ全体の評価を上げることに繋がります。書き方を勉強することで導入文の大切さがよく理解できると思います。

これから書き方を紹介していくので参考にしてみてください。

sponsored link

導入文とは

導入文はエッセイの書き始めの文のことを言います。

そしてエッセイ全体を伝わりやすくするために不可欠なところです。

なぜなら導入文は読者の興味を引き、エッセイ全体にまとまりを与える役割があるからです。

 
レイ
導入文はエッセイ全体をまとめるために本当に大切です。

導入文がつまらないと読者は読みたいとは思わないので読んではくれません。つまらない文を読みたいとは思いませんよね?

また導入文でこれから何を書くのかという部分をはっきりさせないと読者は「何が書いてあるのか?」と考えながら読まなければいけないため理解が難しくなってしまいます。

エッセイの導入文はとても大切な部分なのでしっかりと考えて書きましょう。

導入文の書き方

これから導入文の書き方を紹介していきます。

まず導入文は3つの構成で成っています。

  1. 読者の興味を引く文
  2. 興味を引く文とエッセイの内容を繋げる文
  3. エッセイ全体にまとまりを与える文

これらが導入文の構成です。

1、読者の注意を集める文

この読者の興味を引く文は The Hook と言われていて「読者の注意を釣る」というのがイメージです。

この文には4つの書き方があります。

  1. 読者への質問
  2. 興味深い観察
  3. 引用
  4. 興味を引く統計

をつかうと読者の興味を効果的に引くことができます。

この文がしっかりとしていないと読者はこれ以降の文を読んでくれなくなってしまうのでよく考えることが大切です。

2、接続文を書く

最初の文と最後の文を繋げるための文章を書いていきます

この文には決まった形はありません。

ただ目的がはっきりと決まっているので繋げるということを意識して書きましょう。

3、エッセイ全体をまとめた文

導入文最後のここの文はエッセイで最も大切な文と言えます。

ここではエッセイ全体で何を書くのかをまとめて簡潔に書きます。

この文は具体的な書き方抽象的な書き方があるのですが、ほとんどの場合は具体的に書かれることが多いです。

具体的に書く場合気をつけること

  • 自分の主張・立場をはっきりと書く
  • 自分の主張する理由を3つ上げる

自分の主張を3つ上げる理由は3つある本文を書くときに1つの理由につき1段落使うという書き方が主流だからです。

最後の文を具体的に書くことでエッセイ全体のまとまりが出すことができます。

1文の役割を考える

最後にアドバイスとしてエッセイを書くときは1文1文に目的を持って書きましょう

常に考えながら書くことでエッセイ全体がコンパクトになり伝わりやすい文章を作ることができます。

エッセイは他人が読むものなので伝わりやすさを考えながら書くことが大切です。

エッセイの書き方をしっかりと勉強して伝わりやすい文章を書けるようにしましょう。

sponsored link

合わせて読みたい記事

本文の書き方

結論の書き方

sponsored link
最新情報をチェックしよう!