留学を成功させるための英語でのエッセイの書き方【結論編】

留学を成功させるための英語でのエッセイの書き方【結論編】

英語でエッセイを書いたいと思っても書き方がわからないという人は多いのではないでしょうか?

この記事では

  • 英語で書くエッセイの結論とは
  • 英語でのエッセイの結論の書き方

について紹介をしていきます。エッセイの最後には必ず結論を書く段落を入れます。

この段落はとても簡単に書こうと思えば書くことができます。しかし、最終的な主張を分かりやすく書くことはエッセイ全体のまとまりを作ることができます。

この最後の段落によって何を伝えたかったのかをはっきりとさせましょう。

sponsored link

英語で書くエッセイの結論とは

結論の段落は英語でConclusion paragraphと言われています。

エッセイの結論は最後の部分なので全体をまとる役割があります

また導入文で書いた主張をもう一度書き直して自分の主張や立場をさらにはっきりとさせます。

最終的に読者に何を伝えたかったのかをはっきりさせて書くことが大切です。

この段落は最後にエッセイをまとめる文なので伝わりやすい文章を考えましょう。

英語で書くエッセイの結論の書き方

結論の段落の書き方は3つの手順で書くことができます。

  1. 自分の主張をもう一度言い換えて書く
  2. 主張をまとめる
  3. 提案や考察を書く

この3工程を考えながら書くことで最後にエッセイをまとめることができます。

注意点として結論の段落では新しい主張や情報は入れないようにしましょう

もし書いてしまうと大抵の場合何が言いたいのか分からないエッセイが出来上がってしまいます。

1、自分の主張を言い換えて書く

ここでは最初の導入文で書いた自分の主張を言い換えて書くことが大切です

全く同じような文章を作ってしまうとつまらないエッセイとなってしまいます。

言っている内容はほとんど同じで表現を変えて書きましょう。

導入文で書いた自分の主張を確認して言い換えて書くことができればOKです。

2、主張をまとめる

ここは導入での接続文の時と同じような役割を持っています。

エッセイの最後の主張と最後に書く自分の考えや考察をつなぐ必要があります。

結論を飛躍させないためにも具体的に説明のような事を書きましょう。

3、提案や考察を書く

最後に読者に向けた自分の考えや考察を書きましょう。

ここで書いたことが最終的に言いたい主張となります。

エッセイ全体の結論なので伝わりやすいように文章を考えましょう。

最後の文章を分かりやすい文章にすることでまとまりのあるエッセイを書くことができます。

sponsored link

合わせて読みたい記事

エッセイの書き方

導入の書き方

本文の書き方

sponsored link
最新情報をチェックしよう!