脳科学から見た効率の良い勉強方法

脳科学から見た効率の良い勉強方法

このサイトでは効率の良い勉強方法に必要になるものや脳科学から考える勉強の仕方を紹介します。

sponsored link

勉強の仕方の勉強

勉強の仕方の勉強なんて意味があるのかと思う人もいると思います。

しかし、今までで勉強の仕方を教えてもらったことはありますか?

これは学校は教えてくれないことなので自分で見つける必要があります。

勉強の仕方や脳の仕組みを知ることで勉強の効率はあげることができます。

脳の仕組みを知ることで勉強の効率が上がる

まず学習というのは脳との関わりがとても大きいです。

ここで難しい脳の話をするつもりはありませんが、人間の脳は新しいことを勉強している時、脳は変化しています。

そして時間と伴にその変化は戻ってしまいます。

記憶はこの変化を半永久的にすることで長期記憶にすることができます。

よって脳を最大限に活かす方法で勉強することで効率の良い勉強ができるようになるのです。

脳を最大限に使った効率の良い勉強に必要なこと

脳を最大限うごかすためには必要なことは4つあります。

  • 適度な睡眠
  • 運動
  • 栄養のある食事
  • 十分な水を飲む

が脳を動かすためには必要です。

一夜漬け勉強について

学生の人たちはよくテスト前日にほとんど寝ないで勉強をしている人が多いです。

一夜漬けの勉強は情報を無理やり脳に詰め込んでいるだけなので本当の意味で勉強になっていません

本当の勉強は過去勉強したことを応用できるようになり、使うことができるようになることです

しかし一夜漬けはテストが終わったら勉強した内容をほとんど忘れてしまいます。

それは際ほど説明したように変化を起こした脳はすぐに元に戻ってしまうのです。(ショートメモリー

それでは勉強した時間も無駄になってしまいます。

それをなくすために長期記憶を作ることがとても大切です。

これからはその長期記憶が脳で作られるまでの話をしていきます。

長期記憶になるまでのプロセス

勉強したことを長期記憶にするために必要なことはとてもシンプルです。

それは

  • 勉強する前に脳を休ませること
  • 繰り返し勉強すること

2つのみです。

脳の長期記憶が作られるまでのプロセスを理解し、実行すれば勝手に長期記憶ができるのでそこを勉強してみましょう。

長期記憶には脳の変化が関係している

長期記憶ができるプロセスは脳が大きく関係しています。

新しいことを勉強することで脳が変化を起こし

その脳が変化をしている間、勉強した内容は簡単に思い出すことができるのです。

しかし、時間が経つにつれてその変化は元に戻ってしまいます。

長期記憶とはその変化が長期間戻らない状態のことを言っているのです。

その変化を長期化するためには繰り返し勉強をする必要があります。

新しいことを勉強する時のコツ

新しいことを勉強するときに意識をするだけで効率をよくすることができる方法があります。

それは過去勉強したことと新しく勉強することを繋げて覚える方法です。

この方法はすでに知っていることと新しいことの似ているところを探します。

過去勉強したことはすでに長期記憶になっていることが多いので効率的に長期記憶へ繋げていくことができます。

sponsored link

効率の良い勉強方法について

効率のよい勉強をするためには事前に知識を入れておくことが必要です。

例えば英語をすでに勉強をしていてある程度話せるようになっていると

次に新しい言語を勉強するときには英語を勉強し始めた時よりも早く上達をさせることができるのです。

一度勉強したことと同じような勉強をするときは成長するスピードは全然変わってきます

また勉強をするときは実際に問題を解いてみたり説明をしてみると

頭への勉強の定着率が変わってきます。

能動的に勉強をすることが効率の良い勉強方法に繋がります。

sponsored link
最新情報をチェックしよう!