英語での会話が一気にできるようになるコツ【留学体験】

  • 2020年6月25日
  • 2020年6月25日
  • 英語

英語での会話が一気にできるようになるコツ【留学体験】

英語を使って会話をするコツ
留学経験での試行錯誤について

英会話をなるべく早くできるようになりたいという人は多いと思います。英語力に関しては短時間に伸ばすことは難しいのですが、英会話をできるようになるにはコツがあります。

この記事で紹介することは僕が実際に留学を経験して英会話ができるように実践していた方法を紹介しています。

 
レイ
これらを意識することで僕は英会話が一気にできるようになりました。

これから紹介する英会話をできるようになるコツを実践していけば効率的に英会話のスキルをつけることができるので是非試してみて欲しいです。

今回紹介する英会話力をあげるコツ

  • 日常英語会話フレーズを覚える
  • 主語を意識しながら相手の話を聞く
  • 話を要約しながら聞く、話す
  • 「つまり何が言いたいのか」を意識
sponsored link

英語での会話が一気にできるようになるコツ

ここからは僕が留学中に意識していた英会話が一気にできるようになる方法を紹介していきます。

まず大前提として英語を実際に話せるような環境を作っておくということは覚えておいてください。英語を話せるようになるためには英語の環境を作ることは絶対に必要になります

日常英語会話フレーズを覚える

英語の日常会話をできるようになるための1番手っ取り早く効率的な方法は英語フレーズを覚えることです。

英語フレーズを覚えるのは意味がないという意見をよく聞くのですが、僕はめちゃくちゃ意味があると思っています。

 
レイ
これは留学中に僕自身が行なっていた英会話をできるようになるための勉強の一つでした。その時に実際とても効果的な英語の練習方法だったのでオススメです。
ただ注意する点としては覚えた英語フレーズを自分が言いたいことを表現できるように応用する練習をすることが必要だということです。
これについては下の記事で詳しく説明しているので読んでみてください。

主語を意識して相手の話を聞く

主語を意識して相手の話を聞く

「主語を意識して相手の話をきく」というのは相手の言っていることを正解に理解するために意識をします。

会話となると話すだけではなく、相手の言っていることを理解することが必要になります。

実際に海外の人と話していると主語を省略して会話をすることがあります。

そうなってくるとテストで聞くようなリスニングとは違い、頭の中で主語を付け足していく必要があります。(個人的な感覚なので他の人はどうなのかはわかりません。)

 
レイ
僕たちが日本語で話しているときもいちいち主語を言わないで省略しますよね。
 

主語を意識して相手の話を聞くことで正確に相手の言っていることを理解することができるようになります。

話を要約する

英語を聞くときや話すときは必ず話を要約することを忘れないようにしましょう。

頭の中で要約することは慣れていないととても難しいのですが、できるようになると相手との会話がスムーズになります。

相手の話していることをしっかりと理解することで自分が英語を話す時も簡単に話せるようになります。

 
レイ
まずは日本語で要約する練習をすると英語でも簡単にできるようになりますよ。
要約することができるようになると会話をするとき意外にもリーディングをするときにも情報を整理することができるようになるので練習をしておきましょう。

「つまり何が言いたいのか」を意識

英語を使って会話をするときは必ず自分に「つまり何が言いたいの?」と問いかけましょう。

この質問を自分にすることで一気に相手に言いたいことが伝わるようになり英語での会話ができるようになります。

 
レイ
留学中に英語での会話をできるように試行錯誤しているとき、この質問をすることで僕は一気に英語での会話ができるようになりました。
何か質問をしたい時も必ず自分の言いたいことを最初に言うようにして伝えるようにしましょう。
それだけで英語での会話ができるようになります。
sponsored link

まとめ

今回紹介する英会話力をあげるコツ

  • 日常英語会話フレーズを覚える
  • 主語を意識しながら相手の話を聞く
  • 話を要約しながら聞く、話す
  • 「つまり何が言いたいのか」を意識

この記事で紹介した英会話ができるようになるコツは僕が実際に留学中に試してみたことです。

英語の勉強をするのはとても時間がかかって大変ですが、話すためのコツを意識することで英語での会話が一気にできるようになります。

sponsored link
最新情報をチェックしよう!