英語のスピーキング力を伸ばして英語を話せるようになろう

英語のスピーキング力を伸ばして英語を話せるようになろう

 英語のスピーキング力を伸ばして英語を話せるようになろう

英語を話せるようになりたいと思って英語のスピーキング力を伸ばしたいけど、「どのようにスピーキング力を伸ばせば良いのかわからない」という人は多いのではないでしょうか?

この記事で紹介すること

  • 英語を話せるようになるメリット
  • 英語のスピーキングに必要なこと
  • 英語のスピーキング力を伸ばす方法
  • 具体的な勉強方法

この記事を読んでしっかりと実行をしてもらえばスピーキング力は伸ばすことができます。

私もたくさんの方法を繰り返して英語のスピーキング力を伸ばすことができたので、是非最後まで読んでみてください。

sponsored link

英語を話せるようになるメリット

まず始めに英語を話せるようになることによるメリットについて話していこうと思います。メリットを知ることによってこれから英語を頑張ることができるようになります。

ここで話す英語を話せるようになるメリットは

  • 海外の友達ができる
  • 自分に自信を持つことができる
  • 新たな視点で物事を考えることができる

英語のスピーキングができるようになると英語を話せるようになっていくので、それを目標に勉強を頑張りましょう。

海外の友達ができる

英語を話せるようになることで海外の友達を作ることが簡単になります。そして単に友達になるだけではなく意見を交換できるようになります。

海外の友達ができてしっかりと話せることができることによって新たな価値観を体験することができます。

海外の人は日本では経験をすることができないような体験をしている人が多いです。

自分の価値観を広げることができ、海外の人と楽しく話せるようになるのでとても良いメリットだと思います。

自分に自信を持つことができる

英語を話せるようになることで自分に自信を持つことができるようになります。自分に自信を持てるようになることはとても大切です。

英語を話せるようになった自分の姿を想像してみると自信を持てるような気がしませんか?

 
レイ
私は英語を話せるようになることで自分に自信を持てるようになりました。そしてそれから新たな挑戦に積極的になりました。

英語を話せるようになることでたくさんのことに挑戦することができ、自分の成長に繋げることができます

新たな視点で物事を考えることができる

英語を話せるようになり、英語でも物事を考えられるようになると、いつもとは違う考え方になり新たな結論を考えつくことがあります

これは日本語で考えるときの思考回路と英語で考えるときのものとでは全く変わってくるからです。

問題を複数の視点で考えることができるようになると、常に広い視野を持って生活できるようになり、新たな発見をするかもしれません。

 
レイ
私は英語を話せるようになってからは、自分の意見がはっきりとして自分がどうしたいのかがわかることが多いです。
聞き慣れないメリットかもしれませんが、視点を増やして考えることができるのは大きなメリットです。

英語のスピーキング力に必要なこと

英語のスピーキング力に必要なこと

ここまで英語を話せるようになることのメリットについて話してきましたが、ここからは英語のスピーキング力を構成する要素について話していきます。

英語のスピーキング力をつけるために必要なことは3つあると考えています。話せるようになるために必要なことは

  • 文法の勉強
  • 単語力をつけること
  • 発音の練習

上記の3つのことなんですが、ただ勉強すればいいという訳ではありません。スピーキングとなってくると使える知識にしないといけないからです。

ここからは1つ1つの要素で気をつけるべきことを紹介していきます。

文法の勉強し、使えるレベルにする

「スピーキング力を伸ばすためなのに文法の勉強?」と思う人もいるかもしれませんが、英語を勉強するとなったら文法は必ず必要になってきます。

やはり正しい英語を話すことができないと自分の気持ちを正確に伝えることができないことがあるからです。

英語の文法を勉強することでスピーキング力に影響してくること

  • 伝わる英語を話せるようになる
  • 使えるレベルになり、練習すれば瞬間的に英文を作れるようになる
  • 勉強の効率を上げることができる
 
レイ
私の意見では英文法は英語学習の効率を上げてくれるものであり、必須の知識だと思っています。
文法の勉強が嫌いな人が多くてなかなか勉強する気にならないのはわかりますが、やはり基礎を固めておくことはとても大切です。
 
レイ
私も文法の勉強が嫌いでしたが、今になってはやってて良かったなって思います。なのでこれから勉強を頑張ろうと思っている人は文法の勉強を頑張りましょう!
英文法に関する記事も貼っておきます。文法が苦手という人はまずそこから克服していきましょう。文法ができるようになると英語学習の効率が全く変わってきます。

会話に使える単語力をつける

英語を話せるようになりたいと思っている人は単語力をつける必要があります。しかし、ただ闇雲に単語を覚えれば良いという訳ではありません。

ここで注意して欲しいこと

  • 会話で使われる単語を覚えること
  • 使いからまで理解すること
  • 単語を直訳ではなくイメージで意味を覚えるようにすること

単語力は自分の意見や気持ちをしっかりと伝えられるようになるために常に勉強する必要があります

単語力がつくと相手の話を聞くときにも役に立つのでどんどん覚えておきましょう。

とにかく英語を話す練習をする(発音を重点的に)

そして最後に英語のスピーキング力を上げるために必要なことは英語を実際に話していくことです。

英語の文法の勉強や単語の勉強はこの実際に英語を話すために必要なことです。

正直に言うとスピーキング力を上げるために必要なことは、勉強した英語の内容を使ってアウトプットしていくしかありません。

 
レイ
実際にアウトプットしていかないと勉強したことは意味がなくなってしまいます。
英語学習にはアウトプットをしていくことがとても大切なことです。実際に話してみることは簡単にアウトプットをする方法なので、挑戦をしていきましょう。

英語のスピーキング力を伸ばす方法

英語のスピーキング力を伸ばす方法

英語のスピーキング力を上げるため英語を話せるようになるために必要なことはに必要なことは

  • 英語を話すことができる環境を整える
  • 口語表現の勉強
  • 英語フレーズを覚える
 
レイ
私はこの上記の3つだと考えています。
これらを勉強していくことで、あっという間に英語を話せるようになっていきます

まずは英語を話す環境を作ろう

英語を実際に話そうと思ってすぐに始めようとするのは良いことなんですが、それを継続していかないと効果が出ないままやめてしまうことが多いです。

そこで大切なことは自分が英語を話す練習を続けることができるような環境を整えることです。

おすすめの環境条件

  • 楽しんで練習することができる
  • 一緒に頑張れる仲間がいる
  • 無理をしていないこと

私はこの条件があう環境なら続けることができると考えています。自分に合う環境は人によって変わってくるので、探してみると良いと思います。

口語表現の勉強

英語の勉強を頑張っていても、なかなか話せるようにならないと言う人をよく聞きます。

英語を勉強しているのに話せるようにならない理由として考えられることは

  • 英語を話す練習をしていない
  • 口語表現の勉強をしていない

だと考えられます。英語を読むことはできるけど、話せる訳ではないと言う人は多いのではないでしょうか?

 
レイ
英語のスピーキング力には話す練習をする必要があるので、少し勉強する内容が変わってきます。

そして、英語を話す時の表現は普通では考えられないような使われ方がされることがあるので勉強をする必要があります。

なので話すための勉強を始めましょう。

英語フレーズを覚える

英語を話せるようになるおすすめの勉強の方法は英語フレーズを覚えることです。

英語フレーズをただ単に覚えるのは効率が悪いと考えるひとが多いと思いますが、ここで言う英語フレーズは少し違います。

ここで言う英語フレーズの特徴

  • 実際に使おうとしたフレーズ
  • 短いフレーズ

この英語フレーズを覚えて英語の会話力を上げるは私が留学中にずっと行なっていた勉強方法で、約3ヶ月程度で英語を話せるようになった方法です。

とても効率の良い方法なので試してみてください。

スピーキング力を伸ばすためにおすすめの勉強方法

スピーキング力を伸ばすためにおすすめの勉強方法

最後にスピーキング力を上げるためにすると良い具体的なおすすめの勉強方法を紹介していきます。

私がおすすめする勉強方法

  • 英語で独り言をしてみる
  • シャドーイングをする

英会話をすることが1番良い方法だと思いますが、この2つの方法は一人でできる勉強方法なのでおすすめの勉強方法なんです。

もちろん英会話を始めることができる人はすぐに始めることが1番良いと思います

英語で独り言をする

英語のスピーキング力を上げるためにおすすめの勉強方法の1つ目として英語で独り言をしてみるという方法があります。

英語のスピーキングを独り言で勉強する場合にするべきこと

  • 自分の声を録音しておくこと
  • 1日の振り返りとして独り言をすること
  • 自分の知っている単語の範囲で話そうと努力すること

これらのことにはしっかりとした理由があります。

自分の声を録音しておく理由は自分の声を聞き直して客観的に発音を確認するためで、1日の振り返りをしてみることは自分の身近なことを英語で言えるようにするため、自分の知っている単語で話そうとする理由は実践をイメージして話す練習をして欲しいからです。

独り言で練習をすることはすぐにでき、簡単な方法なので試してみてください。

シャドーイングをする

英語の勉強においてシャドーイングはもっとも効率的な勉強方法だと私は思っています。

シャドーイングとは英語の音声を聞いた後に実際に自分で発音してみるという英語の勉強方法でリスニングの勉強のときにもよく使われます。

シャドーイングは是非やって欲しい勉強方法なので下の記事で詳しくやり方などを読んでみてください。

sponsored link

まとめ

英語を話せるようになるメリット

  • 海外の友達ができる
  • 自分に自信を持つことができる
  • 新たな視点で物事を考えることができる

英語のスピーキングに必要なこと

  • 文法の勉強
  • 単語力をつけること
  • 発音の練習

おすすめの勉強方法

  • 英語で独り言をしてみる
  • シャドーイングをする
sponsored link
最新情報をチェックしよう!