英語学習は何からするべきか

英語の点数を上げるために何から手を付けるべきか

  • 2019年5月5日
  • 2019年5月31日
  • 英語
英語学習は何からするべきか

はじめに

ここでは、英語を勉強しようと思っているけど、「何から手を付ければいいかわからない」という悩みを持つ人に対しておすすめの勉強の順番を紹介しています。

この記事を読んだ後は自分が何を勉強すべきなのかわかるようになります。

是非試してみてください。

sponsored link

試験のための英語と話すための英語

と、その前に英語の勉強には2種類あると考えています。

1つ目は試験でよい点数を取るための英語学習

2つ目は話すための英語です。

1つ目はよく学校で受けるような問題を解くようなテストができるような能力を問われます。

2つ目は対照的に能力を問われるようなことはありません。

今回は1つ目の試験のための英語を伸ばす方法を紹介していきます。

もう1度言いますが、試験のための英語とはテストでよい点数を取りたいと思っている人に必要な英語です。

英語を話したいと思っているなら話すための英語を勉強しないといけません。

なので自分が今どっちの英語が必要かしっかりと考えてください。

試験のための英語

では、今回は試験で点数を取るための英語の勉強方法を紹介していきます。

まずは、テストでよい点数を取るために必要なことをまとめていきましょう。

テストでよい点数を取るためには以下の3つが必要になります。

・文法

・単語

・リスニング

テストでいい点数を取るために必要なことをまとめてみるとあまり種類は多いわけではありません。

しっかりと何を勉強しているかを考えながら勉強すれば効率良く学習することができます。

リスニングは上達するまでとても時間が必要になってきます。

しかし、対照的に文法や単語は覚えればすぐにテストの点数が上がっていくので最初に勉強するのをおすすめします。

英語を勉強する順番

ここからは何から勉強するべきか順番に説明していきます。

1.文法

文法は英語を勉強するうえで1番大事といえます。

文法は英語学習の土台となってきます。必ず1番最初に勉強するべきです。

文法の勉強を1番に押す理由は文法は完璧にすることができるからです。

勉強方法や重要さに関してはこちらでさらに紹介しています。

文法についての新しい記事を書きました。

良ければご覧ください

2.単語

知っている単語を増やすことはやはり英語をで点数を上げるためには必要になってきます。

ただ、単語を覚えるだけではなく発音や使い方まで覚えていくと使えるようになるので、ライティングで使えるようになります。

また発音をしっかりと勉強しておくと英文を早く読めるようになります

単語勉強をするときはたくさんの単語帳を使って覚えるのではなく1冊の単語帳を何周もして極めることが大切です。

最初の1週目はほとんど覚えていないと思うのですでに覚えている単語をチェックしたりして2週目以降に効率よく勉強できるようにしましょう。

単語帳は勉強しても必ず忘れてしまいます。

何周も繰り替えして復習することが必要です。

1周ですべて覚えることを目指すのではなく、もっと気楽に覚えていきましょう。最終的に覚えていればいいのです。

3.長文問題

ある程度文法と単語を覚えていったら長文を使ってたくさんの英語に触れていきましょう。

やはり、英語が出来るようになるには量も必要です。

最初は精読をという読み方をおすすめします。焦らずゆっくりと読み進めていきましょう。 

精読の説明はこちらでしています。

そして精読によって英文を読むのに慣れたら

多読をしていき、英文にどんどん触れていきましょう。

4.リスニング

リスニングは点数を上げるのに時間のかかるものです。

ただ、先ほどの1、2、3、を勉強するときに音読をしておくと発音の面はわかってくるので、ここではリスニング教材を使って勉強することがおすすめです。

リスニング問題には型があるので問題量をこなしましょう。

リスニングの勉強方法についてはこちらを参考にしてください。

sponsored link

最後に

英語のテストの点数を上げることは時間がかかるものですが、継続が必要になるので大変だと思います。しかし、英語の勉強は出来るようになればなるほど楽しくなるものです。最初はつまらないかもしれませんが頑張って続けてみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

sponsored link
英語学習は何からするべきか
最新情報をチェックしよう!